倉庫は利用の仕方で選ぶ場所が変わることもある

安さを重視する場合の特徴

荷物を預ける場合には、倉庫が流行していますがかつてのように会社単位で大きな荷物を預ける一方で、個人が荷物を預けるようなスペースを作っているところも少なくありません。そのようなところは、倉庫内で個人のお客さんがで入りしやすいような仕組みを整えているのが特徴です。安さを重視して選びたい場合には、冷暖房等は設置していないようなところを選ぶことが大事になります。そのため、預ける荷物も気温や湿度に左右されないようなものに限定する必要があるでしょう。具体的な荷物としては、個人で預ける場合ならば季節によって使わなくなるスノーボードやサーフボードの板あるいは扇風機などがこれにあたります。

お金がかかっているところに預ける

倉庫といっても室内になりますので、冷暖房完備や湿度設定がしっかりしているところも存在します。まるで人が住んでも大丈夫なように、室内の温度が快適に保たれている例も少なくありません。また、セキュリティが非常に厳重なところも存在していますので、そのようなところに預けることで安心することができます。

この場合、具体的にどのような荷物を預けたら良いかと言えば1つは貴重品になります。貴重品といっても現金等は預かってくれませんので、例えば価値のある絵画や巻物などを預けると良いでしょう。あるいは、湿度管理が非常に重要になる洋服などもこれにあたります。倉庫の中にも、管理人がいるところがありますのである程度価値がある荷物は管理人のところを選び、24時間監視してもらうべきです。

third party logisticsを略して3PL、サードピーエルと読みます。物流業界等において、荷主以外の第3者に作業のみでなく包括した業務を外部委託するという形態を指します。