たったこれだけ?青色申告の始め方を解説!

青色申告は書類を提出するだけで始められる?

青色申告を始めるには、青色申告承認申請書を税務署に提出しなければいけません。つまり、始めるだけなら申請書を出すだけでOKです。ただし、申請書を提出する期限は、納税者によって若干異なるので注意が必要です。

原則では3月15日までに提出する

青色申告承認申請書の提出期限は、原則として適用を受ける年の3月15日までとなります。毎年行われる確定申告書の提出期限も同じ日なので、確定申告の期限までに提出すると覚えておくと良いでしょう。

では、3月15日以降に提出した場合は適用を受けられないかと言うと、決してそうではありません。例外として、その年の1月16日以降に新しく業務を開始した場合は、その日から2ヶ月以内に提出すれば良いとされています。仮に1月15日以前に開業した場合は3月15日まで2ヶ月の猶予がありますので、提出期限は開業から2ヶ月以内と覚えておくと間違いありません。

また、相続によって事業を引き継いだ場合でも、業務を開始または承継した日から2ヶ月以内に提出します。しかし、被相続人がその事業で青色申告していた場合は、被相続人の死亡日によって提出期限が異なります。死亡日が1月から8月までの場合は死亡日から4ヶ月以内、9月から10月の場合は12月31日まで、11月以降の場合は翌年の2月15日までとなります。これは、葬儀や遺産相続など様々な手続きがあるため、余裕をもった提出期限となるように配慮されているからです。

承認申請書の書き方は?

承認申請書には、住所、氏名、職業、屋号などのほか、収入の原因となる場所や物(店舗や賃貸不動産など)の所在地、所得の種類、備付けの帳簿書類などを記入します。申請書1枚に全て収まる量なので難しくありません。

青色申告とは、複式簿記という方法で帳簿をつけて、この帳簿に基づいて確定申告をすることです。最高65万円の控除を受けられたり、損失を翌年に繰り越すことができる等の特典もあります。