企業活動を大きく左右するM&Aのポイントを掴もう!

M&Aの判断基準を理解しよう

M&Aは、多くの経営者にとって将来の企業経営を大きく転換するための方法として捉えられることがあります。特に、新しい業界に進出をしたり、多角的にビジネスを展開したりするうえで、M&Aの手続きを取るタイミングをしっかりと判断することが大切です。最近では、企業経営者を対象としたM&Aのセミナーなどが各地で開催される機会が増えており、中小企業診断士やキャリアコンサルタントなどのアドバイスを受けながら、判断基準をしっかりと理解することが可能です。また、M&Aの手続きを進めるにあたっては、高額なコストが長い時間、掛かることがあるため、企業の経営状態に気を配るのはもちろん、現場の従業員のサポートもしっかりと行うことが重要となります。

M&Aのメリットとデメリットを把握しよう

M&Aは、買い手にとって業界内のシェアを広げたり、複数の事業に参入したりするうえで大きなメリットがあります。また、買い手にとっても売上が伸びない事業を手放すことができ、創業者の一族がハッピーリタイアメントを選択できるといった魅力もあります。一方、強引にM&Aの手続きを推し進めることによって、企業内の従業員の間で軋轢が生じたり、新しい企業の文化や風土などに馴染めなかったりというデメリットもあります。最近では、M&Aの手続きを終えた後に、優秀な人材が外部の企業に流出してしまうケースも増えており、様々なリスクを考慮して決断をすることが肝心です。その他、M&Aを成功させるためには、それぞれの業界に特有の事情についても把握することが大切です。

M&AはMergers and Acquisitionsの略称で、企業の合併・買収を行うことでで企業同士の提携関係を結ぶ方法のことです。