ネット通販サイトの拡大を支えるEC物流の役割

なぜ、ネット通販サイトは拡大したのか

EC物流とは、電子商取引に伴う物流を指します。つまり、ネット通販サイトが普及し、そこで取り扱われる荷物がたくさん扱われるようになりました。そこで、一般的な物流とは別に、EC物流に注目が集まったのです。以前であれば、希少性の高い商品は専門店など限られた場所で購入するしかありませんでした。しかし、膨大な商品数を取り扱うネット通販サイトを使えば、いつでも購入することが可能です。さらに、地域によって異なっていた品揃えが、このネット通販サイトの誕生によって大きく変わりました。一般消費者がその利便性を肌で感じられるのも、EC物流の成長があったからです。

EC物流で流通システムも変化した

取引形態の違いで、企業と企業間で行うB to Bと、企業と消費者間で行うB to Cを区別することがあります。そして、EC物流は後者のB to Cが増加したことで変化しました。かつて、B to Bが物流の多くの占めていた頃は、物流の役割は荷物を確実に届けることでした。しかし、個々の荷物はコンパクトになり、配達先が増加したことで、物流には新たな役割が求められるようになったのです。

B to Cでは、商品管理や包装、荷物の積み降ろし、情報管理など多岐にわたる業務を担います。また、配達日数も短縮し、スピードアップもさらに求められるようになりました。そこで、物流会社が中心となって、全国の主要地域に大型倉庫を抱え、そこで荷物を一括管理することで物流コストと納期短縮を実現しています。EC物流の進化が求められるでしょう。

ECとは、エレクトリックコマースの略で、インターネットなどでおこなわれる商取引のことです。EC物流の業務には、その取引に関わる輸送や配送をメインとして、包装や保管、物流情報処理などが含まれます。