自営業を始める前にすべきこととは?メリットやデメリットのまとめ

自営業を始める前にすべきこと

自分で事業を起こし、自由に仕事を始められる自営業は、サラリーマンにとって憧れの働き方かもしれません。しかしながら、自営業はリスクが付きものです。自営業を始める前にしっかり準備しておかなければ、人生を棒に振ってしまう危険性すらあるのが現状です。自営業を始める前にまず準備すべきなのが、生活基盤の確保です。自営業を始める前は成功ばかりをイメージしてしまいがちですが、失敗する可能性もあります。万が一失敗して収入が得られなければ、生活自体に困ってしまうのです。このため一定の貯蓄を確保したり、別の収入源を持っておいたりなど、生活基盤を確保しておくことが大切です。また自営業は、各種ローンやクレジットカードの審査が通りにくくなると言われています。したがって自営業を始める前に、ローンやカードの手続きを済ませた方が良いでしょう。

自営業のメリットとデメリット

自営業のメリットは、自分の力だけで勝負できることです。会社の一員として働く場合、そこには会社の力が間違いなく働いています。しかし自営業での成果は、すべて自分次第です。自分の力量や能力に自信がある方にとって、自営業はとても魅力的な働き方だと言えるでしょう。また、稼ぐお金を自分で設定できることも、自営業におけるメリットの1つです。一方、自営業のデメリットとして挙げられるのが、仕事の保証が無いことです。契約の打ち切りなどで仕事が無くなれば、収入が激減する場合もあります。また制約も無いため、自分の気分次第で怠けてしまう危険性もあるのです。その他、会社員のような福利厚生やボーナスが無いという部分も、デメリットだと言えるでしょう。

費用をそれほどかけることなく独立起業するなら飲食関連のフランチャイズ加盟で、移動販売車がおすすめです。