外部から講師を呼ぶのが良い?それとも社内の人間が行うのが良い?

外部から講師を招く!

会社で働く若手社員や中間管理職等を対象として定期的に社員研修を行っている会社は、社員の教育にとても力を入れているところで、向上心のある会社と言えるでしょう。社員研修を行うことによって、社員の意識も変わりますから行っておいて損はないです。ポイントは社員研修で講義を行ってくれる人を外部から呼ぶか、それとも社内で上の立場にいる人が行うかどうかです。どちらにもメリットとデメリットはありそうですが、社員の気持ちを引き締めるという意味では、外部から講師を呼んだ方が良いでしょう。社内の人間でたとえ立場上偉い人が講義をしたとしても、所詮身内のわけですから、斬新なことが聴けない可能性はありますし、緊張感という意味でも薄れがちです。

新たな発見ができます

外部から講師を招いて社員研修を行ってもらうメリットは、新しい風を取り込むことが出来る点でしょう。常に同じ会社内にいる上司が講義を行ったとしても、見えているところは社員とほとんど変わりがありません。しかし、外部から講師がやってくれば、社員が誰も気にしないようなことでも、外部の人間からすれば、これは違うとか、気になる点が出てくるものです。外部講師の話を聴くことで、社員が新たな発見をすることも可能になります。当然、外部から講師を招くわけですから、その分の費用は発生しますが、お金をかけてでも招く価値はあります。翌日から社員の考え方も変わっている可能性もありますし、新たな気持ちで動き出すことでしょう。

管理職研修では、管理職として持つべき行動基準やマネジメントのポイントを学ぶことができます。様々な研修がありますが、管理職の業務を理解したり、人や業務などのマネジメントについて学びます。